ご案内

1/54ページ

「女の子のため、休めない」 緊急事態宣言下のデリヘル経営者、それでも店を開くワケ

関連画像 新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言を受けた地方自治体による休業要請で、バーやナイトクラブなどと並んで、風俗店も「基本的に休止を要請する」対象施設となった。感染につながる「濃厚接触」が生じるサービスを提供しているにも関わらず、営業を続ける店舗もあったが、取り巻く状況が変わった。 ある経営者は「明日の金に困る女の子のために休めない」と当面は様子見の姿勢を取るが、一時閉店も視野に入れる。ただ […]

デリヘルご利用のお客様に大変お得なサービスです

デリバリーヘルスだとレンタルルームに先にはいって、女の子を呼んで一人で待っている間もお部屋の料金がかかってしまって結局お部屋代が高くつく。 そうお思いのお客様のためにデリバリーヘルスご利用のお客様限定でお得な料金でご案内いたします。 90分までが2000円、150分までは3000円の超オトクな値段です。 これはデリバリーヘルスの料金ではなくてお客様が先にレンタルルームにはいって、女の子を待つ時間も […]

学校休校「食費かさみ」需要増 生活困窮者に食品寄付を

フードバンクぎふに寄せられた食品=岐阜市太郎丸  市民や企業から寄付された食品を生活困窮者に無償提供している市民団体「フードバンクぎふ」(赤星守雄代表)で、備蓄が不足し始めている。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた休校措置などから、ひとり親世帯の需要が増えているためで、団体は物資の提供を呼び掛けている。 団体は主に岐阜、西濃地域の生活困窮世帯に食品を提供している。4月に入ってから、岐阜地域を中心 […]

[新型コロナ] 直売所、農家が存在感 消費者の食支える

直売所「アグリハウス忠生」で地元の新鮮な野菜を買い求めに来た消費者。従業員も感染予防に気を配りながら、対応を続ける (8日、東京都町田市で) 新型コロナウイルスの感染拡大で7都府県に緊急事態宣言が発令される中、食料供給を担う農家や農産物直売所の存在感が各地域で増している。農業資材が手に入りにくいなど一部で支障が出ているものの、農家は田畑に向かい営農を続け、直売所は食卓を支える。消費者からは「直売所 […]

1世帯30万円「正直ありがたい」「大家族は不足」 政府方針に悲喜こもごも

人通りがまばらな浅草・仲見世通り商店街  新型コロナウイルス感染拡大を受け、収入が減った世帯を対象に、1世帯当たり30万円を給付する「現金給付策」が示された。「ありがたい」「30万円ではどうにもならない」。客足の減った観光地の自営業者や、劇団員らからは賛否の声が上がった。 外国人観光客らの減少で大きな打撃を受けている東京・浅草。和菓子店には休業を知らせる張り紙が張られ、営業している居酒屋も空席が目 […]

「ながら運転」道交法罰則強化後、違反6割減 警察庁集計

警察庁が入る中央合同庁舎第2号館=本橋和夫撮影  スマートフォンなどを操作しながら車を運転する「ながら運転」について、道路交通法の罰則が厳しくなった2019年12月1日から3カ月間の警察の違反取り締まり件数が前年同期比で63%減少していたことが警察庁の集計で判明した。事故も45%減っており、同庁は法改正の効果とみている。 罰則が強化される前の18年12月~19年2月の違反は17万2465件で、事故 […]

「緊急事態宣言を出してほしい」日本医師会が会見、医療崩壊に危機感

新型コロナウイルスの感染が急増していることを受け、日本医師会は3月30日に記者会見を開き、「緊急事態宣言を出していただき、それに基づいて対応する時期ではないか」と提案した。 常任理事の釜萢(かまやち)敏氏は「専門家の間では緊急事態宣言はもう発令していただいた方がいいのではないかという意見がほとんど。感染拡大の状況を見れば、もう発令していい」と述べ、「政府は疫学だけでなく社会への影響をどう評価するか […]

1 54