大雨の後は土砂崩れや地震にも注意です。

大雨の後は土砂崩れや地震にも注意です。
東日本や東北 21日夜にかけて土砂災害に厳重警戒

 東日本や東北の太平洋側では、これまでの大雨により地盤が緩んでいる所や増水している河川がある。また、21日夜にかけて、局地的に激しい雨が降る見通し。土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意が必要だ。関東では、高波にも警戒が必要となる。
寒冷前線が、北日本と関東を通過しているため、21日夜にかけて関東では大気の不安定な状態が続く見込み。

東日本や東北 21日夜にかけて土砂災害に厳重警戒

<大雨・突風>

 東日本や東北の大雨の峠は越えつつあるが、これまでの大雨により地盤が緩んでいる所や増水している河川がある。また、関東の一部や伊豆諸島では、所々で1時間30ミリ以上の激しい雨が降っているが、この状態は21日夜にかけても続く見込み。

■22日(水)夕方までに予想される雨量(多い所)
伊豆諸島   100ミリ
関東     50ミリ

東日本や東北の太平洋側では、21日夜にかけて、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意が必要だ。東北地方では、土砂災害に厳重な警戒が必要となる。また、竜巻などの激しい突風や落雷に注意が必要で、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めるよう心掛けたい。

<高波>

関東地方の海上では、大しけとなっており、21日夜まで続く見込み。高波に警戒が必要だ。

21日に予想される波の高さは、
関東       6メートル
東北、伊豆諸島  5メートル」

後大雨がふると地震も起きやすくなるのでそちらにも注意が必要ですね。

日記カテゴリの最新記事