台風15号 関東直撃 上陸なら3年ぶり 強い勢力で深夜は暴風雨に 

台風15号 関東直撃 上陸なら3年ぶり 強い勢力で深夜は暴風雨に 

台風15号 関東直撃 上陸なら3年ぶり 強い勢力で深夜は暴風雨に 

 台風15号は8日(日)5時の推定位置では、八丈島の南の海上にあって、北西に時速30kmで進んでいます。中心気圧は960hPa、中心付近の最大風速は40m/sで暴風域を伴っています。

▼台風15号 9月8日(日)5時推定
存在地域   八丈島の南約290km
大きさ階級  //
強さ階級   強い
移動     北西 30 km/h
中心気圧   960 hPa
最大風速   40 m/s (中心付近)
最大瞬間風速 60 m/s

この後は進路を北寄りに変え、今夜から明日9日(月)未明にかけて強い勢力を保ったまま、関東もしくは伊豆半島に接近・上陸する見込みです。関東に上陸すれば2016年9号(千葉県館山市付近上陸)以来、3年ぶりです。

深夜が雨のピーク 多いところで300mm前後

 台風周辺の活発な雨雲が今夜になると関東南部の沿岸にかかり始めます。

東京都心をはじめとする関東各地は深夜が雨のピークとなり、1時間に50mm以上の非常に激しい雨が降り、総雨量は平野部で最大200mm前後、山沿いで300mm前後に達するおそれがあります。
大規模な道路冠水や河川の増水、土砂災害に警戒が必要です。

風も強く瞬間的には広い範囲で20m/s以上、房総半島や三浦半島は40m/sに迫りそうです。飛来物や停電への備えも必要になります。
また、台風の接近時は高潮や高波にも警戒をしてください。

 風雨のピークが深夜になるため、台風の対策は出来るだけ今日の昼間に済ませるようにしてください。

夜遅い時間帯は鉄道のダイヤに乱れが心配されます。早めに帰宅されると良さそうです。

深夜の風雨により、9日(月)の通勤・通学時間帯まで影響が残ることが考えられるため、最新の情報をご確認ください。

台風15号 関東直撃 上陸なら3年ぶり 強い勢力で深夜は暴風雨に 

台風13号の予想進路

台風13号は午後には温帯低気圧へ

 ▼台風13号 9月8日(日)3時現在
存在地域   中国東北区
大きさ階級  //
強さ階級   //
移動     北北東 60 km/h
中心気圧   985 hPa
最大風速   23 m/s
最大瞬間風速 35 m/s

また、台風13号は朝鮮半島北部に上陸したあと、中国大陸を北東に進んでいます。今日8日(日)午後までに温帯低気圧に変わる見込みです

台風の名前

 台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風13号の名前「レンレン(Lingling)」は、香港が提案した名称で、少女の名前が由来です。
台風15号の名前「ファクサイ(Faxai)」は、ラオスが提案した名称で、女性の名前が由来です。

ご案内カテゴリの最新記事