台風15号被害の停電が続く中雨ですか

台風15号被害の停電が続く中雨ですか

台風15号の影響で、今もおよそ8万軒で停電が続く千葉県に、15日夜から雨が降り、一部の地域に避難勧告が出されている。

こうした中、16日午後には、小泉環境相が現地入りし、災害廃棄物などの状況について視察する。

一部で停電の続く千葉・鋸南(きょなん)町では、16日未明から断続的に激しい雨が降り続いている。

台風15号の被害から、16日で1週間となるが、強風により屋根が飛ばされたり、停電の復旧が遅れる中で、さらなる被害も懸念される。

大雨による土砂災害の危険度が高まっているため、館山市の全域と南房総市の一部に、大雨警戒レベル4にあたる避難勧告が出されている。

南房総市の避難所では、これまでの台風による避難者に加え、15日夜から雨を警戒した避難者が増えているという。

避難してきた人は「雨・風が、ぶわーっとお勝手まで。下が、もう床がびっちょびちょになっちゃって、もうどうしようもないでね」、「避難した方がいい、避難した方がいいって(言われて)、きのう夕方来ました」と話した。

台風による強風で破損した建物には、ブルーシートを張るなどの対応が行われているが、16日に伺った住宅では、雨漏りした水が壁に染みるなどの被害が見られた。

また、千葉市中央区で15日、住民の男性が軽傷を負った住宅火災では、男性は、出火するおよそ2時間前にブレーカーに電源を入れていたということで、停電から復旧後に配線の破損部分から出火する、通電火災の可能性もあるとみられ、注意が必要となる。

一方、小泉環境相は午後、災害廃棄物の状況を確認するため、千葉・南房総市にある、ごみの仮置き場を視察するほか、石井南房総市長とも会い、要望なども聞く予定。

災害廃棄物をめぐっては、停電の影響で、ごみ処理施設が停止していたなど、大量に出たごみの処理が課題となっている。

環境省は、大量に出たごみについて、県内の別の市や町で処理する広域処理を17日から始める方向で調整している。

ご案内カテゴリの最新記事